3/15に豊洲Pitにて行われたTVアニメ「結城友奈は勇者である」トーク&ライブイベント 満開祭りのレポです
レポと表現しましたが、ほぼメモ書きと突っ込みになっています。
読み返すだけで泣きそうになってしまって……

ではどうぞ

いきなりライブパート
ホシトハナ
文章を覚えている人がいたら〜
綺麗なことを言っていた記憶
P'sでも見ていたけどダンスかっこいい
そして可憐

あなたの周りのバーテックス

樹里 好きなものを押し付け
にぼし→サプリ ぱるにゃす投げつけ それ関係なくない!?
ともよ 冷静
全体攻撃 ぱるにゃす同じイヤホン色ピンク
同じだよダメージを与えるぱるにゃす自虐w

みもり直接的隠さずそのまま
先制攻撃ぱるにゃすに制服?
ともよ鏡で全体攻撃(味方勇者にも)
ぱるにゃす同年代でぐはぁ…また自虐w
ゆみ ツッコミ 決まった瞬間に帰ろうとする
終わらない みんな夏凜歩き
5回つっこませたらと勘違いするぱるにゃす
もう散華している…

朗読コーナー
12話の後をイメージしたカラオケ
風ハイハイ ふうふうふうふう
遅刻したら貼り付けにしちゃうぞの歌はゆうみもの秘密の歌
煽る風のる夏凜
ちゃちゃちゃ ハートの形→上に丸→下に▽→片手で□
ノリノリでちょー可愛かったです。
東郷さん目が笑っていない
今日だけ特別よ〜夏凜ちゃん
東郷さん軍歌
昼みんな(  ̄ー ̄ )ゞからの腕振りに変更
夜規律のとれた(  ̄ー ̄ )ゞからの腕振り すばら
風より歌声もメガロポリス
樹早春賦
名曲だけあって素晴らしい
以上
夜追加トーク
振り付けかわいいよね
やってやってで友夏解説付き
ぱるにゃす隣の人とやってよ(そりゃないわ…)

送る言葉
最初にこれはひどい
プレリリースイベント
言ってはならないことだらけで大変でした
ぱるにゃすが勇者になりました。
樹里私はいませんでした
5人揃った上映会
みんなで夏凜歩きをしました
ここで夜は夕実さんだけ逆で風樹が近くてニヤニヤ
6ヶ月に渡ってやっている勇者部活動報告
ともよ無茶振り無茶振り無茶振り(3回)
出来上がったのはうどん米
活動生報告
おぇ(使っていいのかよ!?)
いっぱい散華しました
P'sライブ
いきなりのあいうえお作文
ブァーテックス(もっと他に言えることあるだろ!)
そして満開祭り
ありがとうございました
部下斉唱
昼 人間になーる
夜 マジ勇者ー
人間になーるはぱるにゃす以外はあまり乗ってなかったなそりゃそうだ
マジ勇者ーはぱるにゃすの合いの手付き

名シーン生アフレコ
終盤に入りましたがまだまだ終わりません。これから私たちがいっぱい散華します(夜)
怒涛の展開を見せた9話以降を生アフレコでいきます
5話の円陣シーンからスタート
ここからもうかなり高まってくる。
夕実さん一人残ってナレーション
風満開前の
樹のことを置いてくたばるなんて出来るわけないでしょ!
満開して頑張った勇者部
元の日常に戻れるはずだった
この裏で友奈が味わからなくなってたり、樹がフリップで会話する映像が
河川敷で風樹が自転車を押しながら、
樹がお姉ちゃんに夢が出来たよと語るシーン
(夜の部はここから決壊)
夕実さんともよちゃんの2人で再現
2人が姉妹にしか見えなかったです。
ナレーションを一人続ける夕実さん
友奈とのぶつかり合いシーンあたりで下がる
代わりに祈りの歌とともに、ともよちゃん登場
ペンライトが緑に変わるが、非常に優しい振りで対応する
周りからすすり泣く声が聞こえ始まる。
フルは初披露である。
セリフ友奈さん、東郷さん、夏凜さん……お姉ちゃんありがとう。
歌が続く
昼の部は釘区切りで拍手が起こるどこで切るかわからなかったのもある。
歌が完璧の終わったところでスタッフ準備
ギターを持ったともよちゃん登場
祈りの歌
夜の部はやはり涙を堪えながら歌っていました。
力強くけど優しく奏でられるメロディ
グッときました
続いて、三森さんが出て東郷さんの回想シーンからの流れ
みんなの助けなくちゃ
友奈ちゃん達を巻き込んだのが許せず、壁を壊す東郷さん
樹里さんが出てくる。壁の外を知り、大赦によって用意された戦闘用の自分。
でも友奈たちと出会って、ここに居ていいんだ。友達というかけがえのないものを教えてくれた友奈。そんな友奈が戦えない時は自分が立ち上がる
ここのバーテックス登場時のバックの音がすごかった
肩の満開ゲージのたまり具合確認からスマホの誕生日会の写真眺めからのあのセリフ
持ってけぇぇぇぇぇ
まで震えたよ。すごいって。
ここから友奈
東郷さんが思い詰めていたことに気付けず、友達失格だと思い返信できなくなる友奈
でも夏凜ちゃんが教えてくれた友達に失格なんてないんだ
だから私は東郷さんを止めるみんなと元の日常に戻るために
三森さんも登場し、友奈制裁からの抱えからのセリフ
忘れたくない。忘れない。
これが生で見れたんです。言うことないです。
三森さん下がり神樹様に迫るバーテックスを止める勇者部
うおぉぉぉぉ届けぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
これがぱるにゃすだ。そう思った。
風から登場し、戻ってきた日常。でも
あの子は頑張りすぎたのかもしれない
友奈さん
また敵が来ようと私が戦うからねぇ友奈
友奈ちゃん
戻ってきてくれたシーンではまだぱるにゃす喋らずちょっとずれる
演劇シーンなどバックにぱるにゃすが入る
なんだってできるんだ大好きなみんなと一緒なら
からのAurora Days ずるいこの演出はずるい
昼も夜も誰一人立たずにペンライトを振る
優しくこの作品を表すかのように

エンドトーク
まずは商品紹介
樹里BD情報
夜5巻夏凜見て可愛い
6巻のイベントCGが〜で園子登場
会場に行った人はわかる。ちょーかわいい
金髪なんだ〜
風園のイベントCGは風のがいい感じに
お姉ちゃん///となった樹に見てはいけませんと隠しに行く風距離近い〜
みもりん書籍情報
あれ?勇者部所属は画像なし?であった…
鷲尾須美読んだ方〜でほぼ手が上がるぜひ合わせて読んでくださいね〜
ともよちゃんCD情報
OP&EDそしてサントラ、勇者部活動報告
夜の部
残っている物販情報
パンフ、B2ポスター、5人ポスター、マフラータオル、Tシャツ、絵馬
本当に完売だらけや
楽しい時間でしたがこれで終了です。
……
ここからキャストからのメッセージ
うん。忘れてしまったよ。もうここは入ってくる情報が多すぎてね。
ただ、最後夜の部ぱるにゃすは泣きながらしっかりとした言葉で
ともよちゃんが樹ちゃんでよかった
夕実さんが風先輩でよかった
三森さんが東郷さんでよかった
樹里ちゃんが夏凜ちゃんでよかった
私が友奈でよかった
自分含めてはっきりと言える。キャスト、そしてスタッフ、会場にいる誰もがそう思えるぐらい愛して演じていた。
締めにともよちゃんがスタッフより言われたことを教えてくれました。
作品に対する愛が一番大事なんだと。
最後の挨拶ありがとうございました。
立つか迷った分遅れたけどみんな同じ気持ちだった
総立ちする観客席からは鳴り止まない拍手とありがとうという声援
会場がとってもとっても暖かかった。


終わって私は結城友奈は勇者であるという作品を愛と表現した。
それは勇者部5人の絆という愛で結ばれていたこともあるけど、
監督はじめスタッフさん1人1人の愛が込められた作品
そしてその愛に動かされ
ずっとずっと愛して行きたいと思える作品に出会えた私たち
いっぱいの愛に包まれた会場を後にするのがこれほどつらいことはなかったです。
でも終わりじゃない。そう思い続ければいつか叶うと信じているから。